電子タバコの健康被害は日本でも起こるのか?

iQOS(アイコス)の利点と他の電子タバコに劣る欠点

電子タバコ界隈ではiQOS(アイコス)の流行りがすさまじいですね。
やはりニコチン依存は解消できないものの周りに気を使うと自由に吸えないですし、そうした方にiQOSは便利なものだと思います。
「火を使わない、灰が出ない、ニオイが少ない」という「革新のたばこ」として、キャッチコピーを掲げていますが、その革新性はあながち大げさとは言えないのかもしれません。
そういうことで電子タバコを検討する上において、iQOS(アイコス)の特徴を良し悪し含めて挙げてみたいと思います。

iQOS(アイコス)の利点

iQOS(アイコス)が推される少なくない理由を占めているものですが「ニコチンが摂取できること」が少なくないです。
電子タバコへの入門口として、「タバコをやめるため」というのが一因かと思いますが、そうした理由から電子タバコについて調べている人は首をかしげることでしょう。
しかし、電子タバコでニコチンが摂れることはなかなかに画期的なことではあったのです。

従来、電子タバコはフレーバーリキッドと呼ばれる液体を、電子タバコ本体で加熱させることによって、水蒸気を作り、その気化したフレーバーを味わうものです。
そのため、従来の電子タバコはフレーバーリキッドの切り替えにより、味を変えることができてるのですが、このリキッドにはニコチンが含まれていません。
正確に言うとニコチン入りのリキッドはあるのですが、日本国内では薬事法の関係で、ニコチンそのものの販売や譲渡はできず、ニコチン入りのリキッドは個人輸入して本人が自己責任で扱うしかありません。
しかし、輸入できるといっても、国産のリキッドと違い、安全性については各国の基準ではかられているため、場合によっては危険なものにもなりえます。
国産の電子タバコであれば、日本の安全基準に沿っていて信頼がおけるため、輸入もののニコチン入りリキッドは除外して考えました。

話を戻して、iQOS(アイコス)ですが以前は名古屋だけで先行販売といった形をとっていましたが、今や日本全国で買うことができます。
紙タバコはやめたいが、以前も禁煙には失敗しているしニコチン入りの電子タバコがほしい…といったような人にはiQOS(アイコス)は渡りに船といったところで需要は大きかったようです。
また、売り文句の通り、電子タバコ本体で加熱はしますが火は使いませんし、吸っている最中に紙タバコのような燃えカスからの灰が落ちたりすることもありません。
ニオイが少ないという部分には、個人差での感想があるでしょうが、iQOS(アイコス)で発生するのは煙でなく水蒸気であるため、総じてニオイが少ないということ自体は偽りではありません。
日本より電子タバコが普及しているイギリスでは、従来の紙タバコと比べて、電子タバコは安全であると専門家は認識しているようで、電子タバコ産業は紙タバコ産業にとってかわっていくと予想されています。
電子タバコが危険だという意見も少なからず見受けられますが、そうした「危険な電子タバコ」は先に述べた日本国内では販売が禁止されているニコチン入りのフレーバーなどを取り上げてのことです。
そうした電子タバコはニコチンを摂取しますし、確かに健康面に悪影響を及ぼすかもしれませんが、そもその基準であれば紙タバコ全般はそもそも健康に害のあるものです。
iQOS(アイコス)の水蒸気は普通の紙タバコの煙と比べてはるかに受動喫煙の悪影響も少ないですし、健康面でも従来のタバコと比べて悪いものではありません。

iQOSVの欠点

iQOS(アイコス)について誉めそやしてきましたが、一長一短という言葉もありますし、iQOS(アイコス)にも欠点はあります。
上述した通り、iQOS(アイコス)は「ニコチンを摂取できるもの」です。
これが利点でもありましたが、ニコチンを摂取するものであるために、自身の健康への害はあります。
リキッドタイプの国産電子タバコであれば、そうした害はまったくありませんので、iQOS(アイコス)故の弱点と言えるでしょう。
また、紙タバコの煙と比べて悪影響が少ないものではありますが、水蒸気自体はスティックの中のタバコの葉を加熱することで発生させます。
そのため、喫煙者からするとタバコような独特のニオイとなりますが、タバコを吸わない人からすると「タバコのニオイ」と感じてしまいます。
ニオイが少ないと過信すると、手痛いことに遭いかねません。

また、吸いさしの灰は落ちませんが、吸い終わったタバコの灰自体はプラグの中に残ります。
そのため、従来のリキッドを用いる電子タバコと比べてiQOS(アイコス)は灰の処理が必要となる分、手間もかかりますし、どこでも使えるというほどではありません。

また、iQOS(アイコス)は連続喫煙を推奨しておらず、その性能上、一度の喫煙に都度、5分程度の加熱が必要です。
休憩所などで話しながら吸うときなどは何本か吸いたいときもあると思いますが、そうした面から吸うときに立て続けに吸えないということはiQOS(アイコス)の欠点として挙がります。

また、iQOS(アイコス)はフィリップモリスが出しているが故に、マルボロのような感じなのですが、マルボロ自体に抵抗があるか否かでも好みがわかれると思います。
フレーバーリキッドを使う電子タバコであれば、様々なものを試せますが、iQOS(アイコス)は選択肢がないのでその点は残念なところです。

更にiQOSVはそれほど安価なものでないことも欠点として挙がります。
タバコの値上げなどは喫煙者でない方でも耳にするほどかと思いますが、それでもiQOS(アイコス)の方が高くつくほどです。
資金的余裕がないとiQOS(アイコス)にはなかなか手が出ません。

iQOS(アイコス)と比べてフレーバーリキッド型の電子タバコが優れている点

国内で売られている電子タバコのフレーバーと比べてiQOS(アイコス)が勝るところは、「ニコチンが摂取できる」という点に尽きると思います。
逆にどうしてもニコチンがないとダメなのであれば、iQOS(アイコス)でないとだめでしょう。
しかし、そうでないのならば、電子タバコはフレーバーリキッドを楽しむものとした方がよさそうです。

私がおすすめする電子タバコは以下になります。

Frienbr(フレンバー)

Frienbr(フレンバー)公式サイト

JPvapor



JPvapor公式サイト

いずれにせよ電子タバコはどうして使うのかを考えて適切なものを選びたいですね。