maruman_icon

禁煙パイポのマルマンの電子タバコ(vape)について

2015年4月から、禁煙パイプメーカーのマルマンが電子タバコ(vape)の販売を開始しました。
老舗企業のマルマンが販売する電子タバコ『電子パイポ』について紹介します。

株式会社マルマンとは?

株式会社マルマンとは、1971年創業のゴルフ用品や健康食品の製造販売を行っている日本メーカーです。
maruman
禁煙パイプがとても有名な会社で、「パイポ」というシリーズを展開しています。

パイポ

コンビニでも販売がされていますので、見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。
1980年代に、小指を立てながら「私は、コレで、会社を辞めました」というTVCMが話題になり、1985年の新語・流行語大賞の流行語部門・大衆賞に選出されました。
今でも「the telephones」というバンドがパロディーの曲を制作するなど、幅広い世代にインパクトを残しています。

その話題のCMがこちらです♪

CMの反響で、売上が3年で3倍に増えたそうです。

マルマンの電子タバコについて

早速、禁煙パイポのマルマンが販売する電子タバコ『電子パイポ』について紹介します。
電子パイポ

電子パイポの特徴

まずは電子パイポの基本的な性能について紹介します。

サイズはフレンバーのバッテリーが650mAhのサイズと同じ位です。
スターターセットの内容は、下記5点です。
・バッテリー(恐らく650mAh)
・アトマイザー(恐らく1.6ml)
・充電器
・リキッド(メンソール)
・取扱説明書

電子タバコを使用するのに必要な最低限のものが揃っており、
リキッドはメンソールのみで、ケースなどは販売していないようです。(2015年5月現在)

価格は2,980円と、他社の電子タバコを比較すると、価格が安いのが特徴です。

「粗悪品」と言うよりかは、
老舗企業のスケールメリットを活用し、かつ製造製品を絞ることによって在庫管理なども簡略化し、低価格での製造を実現しているのだと思います。
そのため、バッテリーやアトマイザーには種類がなく、バッテリーにはワインレッドとダークグレーの2色しかありません。

リキッドも現在はメンソールのみの製造販売となっているようなので、
リキッドの香りを楽しみたい人には物足りない品揃えとなっています。

ケースも販売していないので、別のメーカーのケースを別途購入する必要があります。

また、電子パイポの紹介動画と使い方の動画も公開されています。
紹介動画は禁煙パイポをベースに制作されていますので、気になる方は御覧ください。


まとめ

いかがでしたでしょうか。
マルマンの電子タバコは、「デザインやリキッドには強いこだわりがないからとにかく安い電子タバコが欲しい!」という人にオススメです。

<関連URL>
電子タバコおすすめランキング
フレンバー(Frienbr)とは?
JPvapor(JPベポ)とは?
X6とは?
アイスベイプ(icevape)とは?