MOD-image

種類・ブランド

電子タバコは種類やブランドが沢山あり、初めて買う人にとっては何を買うべきかわかりづらいと思います。
私も電子タバコを買うときは結構たくさん調べましたが、海外の製品も多く、よく分からないことも多かったです。
決して安い買い物ではないので、自分にあった電子タバコを選べるように、電子タバコの種類を整理したいと思います。
電子タバコは大きく3種類に分けることが出来ます。
自分でリキッドと呼ばれる液体を補充するタイプと、リキッドが入ったカートリッジを交換して使うタイプと、使い切りタイプです。

それぞれの特徴についてまとめていきます。

リキッド補充式

現在、最も人気のタイプがリキッド補充式の電子タバコです。

電子タバコ

写真のように、バッテリーとアトマイザーが分かれており、アトマイザーにリキッドを補充しながら使用するタイプです。
バッテリーやアトマイザーはいろんなデザインがあり、それらを自分好みに組み合わせて使用することが出来ます。
アメリカではvapeと呼ばれており、禁煙目的だけではなく、香りを楽しむカルチャーとして若者の間で大ブームを引き起こしました。
今では若者にかぎらず老若男女に使用されるようになりました。
そんな大注目のリキッド補充式のメリットとデメリットを整理します。

リキッド補充式のメリット

リキッド補充式のメリットは「リキッドが豊富」「デザイン性に優れている」「維持費が安い」の3つが挙げられます。

いろんなリキッドが楽しめる

1つ目のメリットは自分の好きなリキッドを選んで使用することができることです。
リキッド
マスカットやピーチなど果実系から、中にはベーコンなどゲテモノの香りがするリキッドまで豊富にあります。
そんな多くのリキッドの中から、自分の好きな香りを選んで使用することが出来ます。
また、複数のリキッドを持つことで、その時の気分に合ったリキッドを楽しむことが出来ます。

デザイン性に優れている

2つ目のメリットは、自分好みのデザインを自由に組み合わせられることです。
電子タバコ
電子タバコはバッテリー、アトマイザー、ドリップチップの3つで構成されています。
大きさや色や素材がいろいろとあるため、それらを組み合わせて使用します。
カラフルにしたり、モノトーンでシックな感じにしたり、金属でスタイリッシュな組み合わせにしたりと、いろんな組み合わせが出来ます。
日頃から人前で使用するものなので、おしゃれでかっこいい組み合わせの電子タバコにしたいですね。気に入らないデザインの電子タバコは使ってても嫌になってしまいます。

維持費が安い

本体価格は5,000円以上するため、初期投資は他の種類よりも高いですが、普段の維持費は他の種類よりも安いです。
リキッドは10mlが代替1,000円前後で購入することが出来ます。
使用頻度によって消費用は違いますが、一日中常に吸っているわけではないのであれば、10mlで1~2週間程度は使用することが出来ます。
10mlが1,000円だとすると1ヶ月で2,000円~4,000円程度の出費で済みます。

リキッド補充式のデメリット

リキッド補充式の電子タバコのデメリットはリキッドを補充する手間があることです。
リキッドがなくなってしまうと電子タバコは使用できなくなってしまうので、少なくなってきたら自分でリキッドを補充しなければなりません。
アトマイザーの中にリキッドを流し込むことで補充することが出来ます。歩きながら出来るような作業ではないため、どこかに座るか立ち止まって作業する必要があります。
そのため、外出先でリキッドがなくなった時のために、補充用のリキッドを持ち歩く事になります。
ただ、すごい頻度で吸うわけでなければ1日でなくなることはないと思います。
私は外出先で補充するのが嫌なので、違う種類のリキッドを入れたアトマイザーを持ち歩き、アトマイザーを変えるだけで済むようにしています。
アトマイザーの交換は歩きながらでも可能ですし、何よりその時の気分に合わせてリキッドを使い分けることが出来ます。

リキッド補充式オススメのブランド

リキッド補充式のおすすめのブランドはフレンバーです。

フレンバーはデザインが豊富なので、組み合わせの幅が広いです。
海外ブランドと比べても、フレンバーは日本企業が運営しているため、サポートが手厚いです。
また、日本製のリキッドも取り扱っており安心して使用することが出来ます。

モデルさんやデザイナーも使用している、間違いなくおしゃれでかっこいい電子タバコです。

フレンバー以外ですと、JPvaporが種類も豊富でオススメですかね。

カートリッジ式

カートリッジ式の電子タバコは、リキッドが入っているカートリッジを交換して使用する種類の電子タバコです。
コンビニなどでよく見かける電子タバコは大抵この種類です。

DenTA

カートリッジ式のメリット

カートリッジ式のメリットは手間がかからないことです。
リキッドを手作業で補充しなければならないリキッド補充式と比べ、カートリッジ式はカートリッジを交換するだけで使用することが出来ます。
デザインや香りにはこだわりがあまりなく、とにかく煙草の代わりを探している人におすすめです。
禁煙の効果はありませんが、何かを吸っていることで精神的なストレスは軽減するので、ただ禁煙したい人が一時的に使用するのには向いていると思います。

カートリッジ式のデメリット

カートリッジ式のデメリットは、デザイン、香りの幅が狭いことです。
あまり多くの種類の香りが販売されていないので、少ない香りの中からカートリッジを選ぶ必要があります。
そのため、気に入った香りが見つからずに電子タバコを使いのが億劫になってしまう可能性があります。
また、デザインの選べないので、そもそも見た目が気に入らない可能性があります。

カートリッジ式のおすすめブランド




http://denta.jp/は代えのカートリッジが安いです。
見た目がタバコっぽいので、電子タバコを吸っていることがばれづらく、とにかくタバコの代わりを探している人にはオススメです。

使いきりタイプ

使いきりタイプはリキッドを補充したり、カードリッジを交換することが出来ない種類の電子タバコです。
他の電子タバコと比べると最も安く、2,000円以内で手に入ります。
大体1週間程度でリキッドがなくなり、使用できなくなると考えていいでしょう。

使いきりタイプのメリット

使いきりタイプは安価に購入できることです。
まだ電子タバコを使用したことがなく、電子タバコの購入を検討している人にはオススメです。
いきなりリキッド交換式などを買うと初期費用が結構かかるので、買ったはいいもののあまり電子タバコが気に入らなかった時に損をします。
いきなり大きな買い物をするのではなく、試しに使いきりタイプを使用してみて電子タバコがどんなものなのかを試してみる際に良いと思います。

使いきりタイプのデメリット

デザインや香りの選択肢の幅が狭いことです。
そもそもが電子タバコを試しに使うための目的でしか使用することがないと思うので、デザインなどは我慢するしかなさそうです。

使いきりタイプのおすすめブランド

使いきりタイプでおすすめのブランドは、『StarBuzz』です。
安価に手に入れることができ、比較的種類も多いので、入門品としてオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
電子タバコの種類にはそれぞれ向き不向きがあるので、自分の使用目的に適した種類の電子タバコを買うことで、長く楽しんで電子タバコを使えると思います。
買って後悔するのはもったいないので、どんな電子タバコを買うか参考にしていただければ幸いです。

<電子タバコブランドの紹介と評判>

コンビニで買える電子タバコ?iQOS(アイコス)とは?

『iQOS(アイコス)』という電子タバコがフィリップモリスジャパンから発売されました。 コンビニでも事前予約な […]
Frienbr(フレンバー)

フレンバー(Frienbr)とは?

フレンバー(Frienbr)とはリキッドと呼ばれるいい香りがする液体を蒸発させ、その蒸気のフレーバーとテイスト […]
JPvaporTOP

JPvapor(JPベポ)とは?本場カルフォルニア発の本格派ブランド

JPvapor(JPベポ)は電子タバコ(vape)の本場カルフォルニアに拠点を持ち、電子タバコ(vape)のカ […]
kamryX6

X6とは?

電子タバコ(vape)を検索していると、よく『X6』という名前を目にすると思います。 X6って何?って人は結構 […]

フレンバー(Frienbr)の評判・口コミ

おしゃれな電子タバコ、フレンバー(Frienbr)の評判・口コミを紹介します。 ブログやいろんなサイトに書かれ […]
Kamry-Group

X6の評判

X6は中国のKamry社が販売する電子タバコの1つです。 詳しくはX6とは?で紹介をしています。 今回は、日本 […]
icevapetop

アイスベイプ(icevape)とは?

人気のアイスベイプ(icevape)とはどんな電子タバコなのかを紹介します。 アイスベイプ(icevape)の […]
電子タバコの健康被害は日本でも起こるのか?

iQOS(アイコス)の利点と他の電子タバコに劣る欠点

電子タバコ界隈ではiQOS(アイコス)の流行りがすさまじいですね。 やはりニコチン依存は解消できないものの周り […]
maruman_icon

禁煙パイポのマルマンの電子タバコ(vape)について

2015年4月から、禁煙パイプメーカーのマルマンが電子タバコ(vape)の販売を開始しました。 老舗企業のマル […]
JPvaporTOP

JPvapor(JPベポ)の評判

JPvapor(JPベポ)は電子タバコの本場カルフォルニアと日本に拠点を設ける電子タバコブランドです。 『JP […]