電子タバコの害やニコチン

電子タバコの害やニコチン

最近iQOSというものが現れました。
たばこを吸っていたアーティストなどが乗り換えたり、意外に広がっているようですが、
そもそも電子タバコの害やニコチンというものはどういったものなのでしょうか。

電子タバコ

電子タバコとiQOS

火を使わず本物のタバコの葉を加熱させて使う疑似タバコがiQOSです。

それに対して、従来の多くの電子タバコは液体のフレーバーリキッドを気化させることで
蒸気を楽しむものです。

iQOSが人気なのはニコチン入りであるが故に
たばこは吸っていたが煙や灰は煩わしいと思っていた人に評価されているためではないかと思います。

フィリップモリスがiQOSを発売する以前も、
JTからVaporというタバコの葉を用いるものはありましたが、
Vaporは店舗での取り扱いがほとんどなかったことに対して、
今やiQOSはコンビニでまで取り扱われているので、
手軽になったことと認知度が上昇したことの相乗効果で乗換が発生しているのでしょう。

フレーバーリキッドを用いる電子タバコも国外ではニコチン入りのリキッドなども出ていますが、
国内ではニコチンのリキッドは店頭販売が禁止されています。

これは薬事法により、ニコチンが毒物として認定されているためです。

そのため、電子タバコに切り替えてみたい…けど、でもニコチンはやめられないというニコチン依存症の人に
iQOSはとても魅力的なものだろうと思われます。

Philip Morris

ニコチンは害

しかし、ニコチンは体に害を及ぼします。

たばこを吸っている人はそんなことは重々承知していることかと思いますが、
ニコチンが具体的にどう身体に悪影響なのかということを説明できる人はあまりいないと思います。

健康に配慮して電子タバコへ切り替えを行いたいというのであれば、
無自覚にどのようなものを摂っているのかは知っておく必要があると思います。

ニコチンの毒性は青酸に匹敵し害虫駆除剤などにも用いられていたことがあるほどに強いです。

もちろんタバコはそれを直接摂取しているわけではありませんから、それで人が即死するということはありません。

喫煙者ならわかりと思いますが、たばこを初めて吸ったときには頭がクラクラすることがあります。

これを俗称で「ヤニクラ」と言います

暫く吸わずにいて久しぶりに吸ったときにもそうした症状が現れると思いますが、
このヤニクラは体内のニコチン濃度が上がったことによって引き起こされるニコチンの急性中毒です。

常習化すると体も慣れてくるものではありますが、多少吸わない期間を設けただけで、
またヤニクラが起こるということからニコチンの毒性の高さの一端がわかると思います。

またニコチンは肉体的な害とともに精神的な害も伴ってきます。

よくニコチンは依存症になるといいますが、ニコチンは神経毒が強力で、また吸収がとても早いです。

ニコチンは脳への快楽をもたらしますが、体内からなくなった時にイライラしたり集中力が欠如したりします。

そのため、喫煙は繰り返され、また、都度に依存が深まっていくということですね。

 

iQOSなどのニコチンを用いた電子タバコとそうでない電子タバコ

電子タバコへ切り替えを行うという人には、やはり健康面を気にして切り替えている人が多くみられます。

若い層より多少落ち着いた世代の方が普及が早く感じられますが、
これは自身の健康状態について警戒しだしている世代であることや
iQOSなどが決して安価でないため、大学生などには手が伸ばしづらい面もあるのではないかと思います。

しかし、そもそもですが、iQOSにはニコチンが入っています。

確かに紙のたばこと比べては多少健康的ではあると思われますが、
ニコチン入りであるがゆえに限度があります。

吸いごたえもそれほどではないようで、中途半端と評されているのを見かけます。

喫煙所以外で吸えるということでもないですし、やはり立ち位置が微妙な気がします。

たばこを吸いたいけれど、健康を気にするというのであれば、
やはりニコチンが入っていない電子タバコを使うのがいいと思います。

私が気に入っているリキッドは国産リキッドで、フレンバー(Frienbr)というブランドのものです。

電子タバコの肝はフレーバーかと思いますが、香りもよくておすすめです。
【フレンバー公式サイト】

frienbrコンプリートキッドブラック

frienbrコンプリートキッドブラック

<関連ページ>
電子タバコ歴2年の私が選ぶおすすめランキング
ニコチン入り電子タバコの安全性について
電子タバコの安全性について