発がん性物質が紙巻たばこの10倍!?

たばこよりも体に害がないと言われている電子タバコですが、たばこよりも発ガン性物質が多く含まれている製品があると厚生労働省の専門委員会から報告がありました。

その量は、なんと紙巻きタバコの10倍!

健康になるためにたばこから電子タバコに切り替えた人にとっては、非常に悲しいニュースですね。

ニュースに大きく取り上げられましたので、多くの人が「電子タバコは体に悪い」と思ってしまうと思いますが、
「全ての電子タバコ」が体に悪いわけではありません。

2014年11月27日の厚生労働省の報告でも、3製品中2製品から発ガン性物質が確認されたとしています。

つまり、発ガン性物質が含まれない電子タバコももちろんあるのです。

安全な電子タバコを見極めることができれば、安全に電子タバコを楽しむことが出来ます。

そもそも、なぜ電子タバコは害がないと言われていたのでしょうか。

ニコチン・タールを含まない=安全

たばこが体に悪いイメージとして「タール」「ニコチン」が真っ先に思いつくと思います。

まず、タールは有機物質の熱分解により発生する油状液体で、発ガン性物質で、やにの原因でもあります。
ニコチンは、発ガン性物質ではありませんが、依存性のある物質ですので、
ニコチンを摂取することでタバコが次々と欲しくなります。

日本ではニコチンの所有は禁止されているため、電子タバコにはニコチンを含めることが出来ず、
健康被害が無いと言われてきました。

海外ではニコチン入りのリキッドが普通に流通しています。
日本でも個人輸入で海外からニコチン入りのキリッドを入手することが出来ますので、
それらは体に害があります。

しかし、ニコチンが含まれていない電子タバコから発ガン性物質が検出されたため、問題となっております。

発ガン性物質の正体はホルムアルデヒト

日本で問題になった物質はホルムアルデヒトです。
ホルムアルデヒトといえば、シックハウス症候群の原因物質として問題となった壁紙を張る際に使用される接着剤に使用されている物質です。

実は、日本で流通している電子タバコ用のリキッドは、ほとんどが海外製です。
海外製のリキッドは日本の薬事法が適用されないため、日本では禁止されている物質を含んでいる可能性があります。

海外製のリキッドすべてが危険なわけではありませんが、
電子タバコを安全に楽しむためには、日本製の電子タバコ用リキッドを使用した方が無難です。

しかし、日本製を謳っておきながら、海外で製造して、日本で包装しただけの製品もありますので、注意が必要です。

日本製の電子タバコ用リキッド

日本製の電子タバコでオススメなのは、私も使用しているフレンバーです。

日本の品質検査をクリアした製品ですので、安全に使用することが出来ます。

実は一度蒸気が出なくなるという不具合が生じたことがあるのですが、
サポートがすごく丁寧で、製品を取り替えてくれました。(ありがとうございます)

スターターキットは5000円から買えますので、初めて電子タバコを始める人にもオススメです。

女性のモデルさんやデザイナーさんも使用しているオシャレアイテムですね。

作業中にリフレッシュのために使用したりするみたいです。

電子タバコを使用する場合は、安易に「安い」であったり「かっこいい」という理由だけで選ばないほうが良いと思います。
体を壊してしまっては一生を台無しにしてしまうので、必ず安全な電子タバコを使用しましょう。