電子タバコのおける日本製の安全性

電子タバコで日本製を求めるのであれば国産のリキッドを選びましょう
電子タバコを使って体に入れるのは、本体でいえば、銜える部分くらいですが、リキッドはそのものが体に入ってくるからです。

電子タバコは日本製がいいということ

電子タバコですが、日本製の電子タバコがいいという話はよく耳にすることがあります。
確かに日本製の電子タバコであれば、信頼に値するとも思いますが、電子タバコは紙のたばことは異なり、本体とフレーバーリキッドが分れているものです。
電子タバコ本体を日本製と意識して購入しても、リキッドが日本製でなければわざわざ日本製を選ぶ意味がありません。
よく売り文句としても「日本製の電子タバコだから安心」というようなキャッチコピーが見受けられます。
そういった言葉は耳障りが悪くないですし、買う側としても安心して購入できるでしょうし、電子タバコの安全性について意識を置くことはいいことだと思います。
ただ、電子タバコに日本製であることを求めるのであれば、本体だけでなく、リキッドの選択も同様に日本製で安心できるものを選びましょう

電子タバコ本体よりもリキッドが日本製であることに気を配る必要性

電子タバコの本体については、サイズや見た目に差異があっても、リキッドを過熱して煙とするという構造に大きな違いはありません。
もちろん、安い粗悪品は壊れやすかったり、リキッドが気化しきらず、煙の出が悪いなどのことはあります。
しかし、日本製であることを謳っている電子タバコにおいて、そうした粗悪品は早々頻繁に出くわすものではありません。
やはり注意すべきはリキッドです。

電子タバコにおいてリキッドは煙となって肺へ入れることとなります。
この際、リキッドの中に有害な成分が入っていれば、それは直接体内に入り込んでしまいます。
そのため、リキッドは電子タバコの安全性を鑑みるに一番に気を配る必要があるものです。

国外で作られたリキッドは、日本国内の安全基準とは異なる基準で審査されています。
日本の検査機関の認証をクリアしている電子タバコのリキッドは信頼に値しますが、国外基準だと日本製のリキッドと違い、健康被害を及ぼすと思しきものもあります。
そうした身体への悪影響を避けるためには、やはり日本製のリキッドを選んだ方がいいでしょう。
例を挙げるのであれば、以下のものは日本製のリキッドです。

■Frienbr(フレンバー)

日本製品であることを原産国証明書を公開することで証明し、製造過程を公開しているのでもちろん安全性は高いです。

■VP Japan
VP-japanの画像

日本生産にこだわっており、食品衛生法で許可されている成分のみでリキッドが製造されていますので、品質的には安全性の高い電子タバコブランドです。

私自身もよく使用しているFrienbr(フレンバー)のリキッドは、日本製の電子タバコの中ではとても人気があるリキッドです。
リキッドのフレーバーもバリエーションが多いので、試してみるのもいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

やはり体に入れるものですから、可能な限り安全性の高いものを選びたいですね。

<関連ページ>
安全な日本製電子タバコランキング
電子タバコの健康被害は日本でも起こるのか? | 電子タバコランキング.COM
ドンキホーテで売ってる電子タバコってどうなの?