電子タバコケースアイキャッチ

ケースの種類と選び方

電子タバコには、持ち運びに便利な専用のケースが販売されています。
アトマイザーやバッテリーの予備やリキッドなどを入れることが出来、衝撃にも強いものがあるので、持ち運ぶ際に重宝します。
電子タバコをケースに入れずに持ち運ぶと、勝手にボタンが押されてしまいコイルが焼けるなど故障の原因になります。
また、万が一リキッドが漏れてしまってもケースに入れておけば最悪の事態を避ける事ができます。
ケースには様々な種類がありますので、どんな種類があり、どんな特徴があるのかを見てみましょう。

ケースの種類

電子タバコのケースは大きく3種類に分類できます。

スリーブタイプ

vapeスリーブ画像

vapeスリーブ


スリーブタイプと言うかはわかりませんが、ベロアなどの柔らかい布で電子タバコを包むタイプのケースです。
スリーブタイプのメリットは2つあります。
まず、第1の特徴としては、安価に手に入ることです。
他の大きい本格的なケースと比べると非常に安いので、とりあえずケースが欲しい人にはオススメです。
第2のメリットは持ち運びの際にかさばらないという点です。大容量のケースですと、どうしても荷物になってしまいますが、スリーブタイプであれば邪魔になりづらいです。

デメリットとしては衝撃に弱く、持ち運べる量が少ないことです。
多くのリキッドやアトマイザーを常に持ち運びたい人にはオススメできません。
1日でそんなに量を消費せずに、1つのリキッドで十分だという人にはおすすめのケースです。

ベロア素材で高級感があるスリーブケースでも299円(税別)程度で購入できます。
(2015年5月現在)

ハードケース

ハードケースの画像
2つ目の種類はハードケースです。
ハードケースの特徴は、衝撃に強く、大容量を持ち運べることです。
衝撃に強いので、万が一落としてしまっても安心ですし、知らないうちにボタンを押してしまうという電子タバコの誤作動を起こすこともありません。
予備のバッテリーやリキッドも持ち運ぶことができる万能なケースです。

デメリットとしては、筆箱並みの大きさがあるので、荷物になってしまう点です。
普段からリュックなどのカバンを持ち運ぶ人にとって半あまり気にならないボリュームだと思います。

長く使えるので、飽きないシンプルなケースを選ぶのが良いと思います。

カラビナ付きケース

カラビナ付きケース画像
3つ目のケースの種類はカラビナ付きケースです。
カラビナとは、元々登山用の金具で、ジーパンのベルトループなどに取り付けることが出来ます。

見た目もスタイリッシュで、取り出しが簡単なことが最大の特徴です。
カラビナがついていないケースですと、毎回バッグの中からケースを探し、ケースから取り出さないと電子タバコを吸うことは出来ません。
カラビナが付いているだけで、ケースバッグから取り出す手間が省け、すぐに吸うことが出来ます。

デメリットとしては、スーツを切るようなフォーマルな場では使用しづらいことでしょうか。
その場合はカラビナは使用せずに、ケースに入れてバッグにしまう必要があります。

普段の使用感では最もストレスなく使用できるケースだと思います。

個人的にはジーンズとの相性が良いカモフラ柄や、コーディネートのアクセントになる赤など暖色系、
いろんなコーディネートに合わせやすい茶系がオススメです。

その他:リキッド専用ケース

リキッド専用ケースの画像
電子タバコケースとは別に、リキッド専用ケースもあります。
普通に普段使いする程度では不要だと思いますが、とにかくいろんなリキッドを使用したい人にはオススメです。
ゴムでリキッドをホールドするため、大半のリキッドを持ち運びできると思います。
個人的にはデザインがツボです。かっこいいです。

ケースの選び方

電子タバコのケースを紹介しましたが、何を選んだらいいか分からない人のために、選び方の2つのポイントを紹介します。

使用シーンをイメージする

実際に自分が電子タバコを使用するシーンをイメージしましょう。
例えば、長時間カフェで作業をするような人の場合は、消費量が多いと思います。途中で足りなくなってしまったときように補充用のリキッドを持ち運んだり、1つのフレーバーでは飽きてしまうので、色んな種類のリキッドを持ち運んだりするかもしれません。そういう人の場合はハードケースのように大容量を持ち運べるケースがいいでしょう。吸う場所も外ではないので、ケースから取り出す手間もほとんど気にならないはずです。

逆に、カフェなどで一箇所に留まらずに移動することが多い人にはカラビナ付きのケースがいいと思います。ケースから取り出し、ケースに戻す動作が多くなると思うので、簡単に出し入れできるカラビナタイプが便利です。

好みのデザイン

2つ目のポイントはケースのデザインです。ケースは常に持ち歩くものになるので、是非気に入ったおしゃれなデザインを使用しましょう。特にカラビナタイプの場合は常に見割りの人から見られることになるので、自分のファッションの系統を考慮して選ぶ必要があります。
かっこいいおしゃれなケースが見つかれば、電子タバコを持ち運ぶのが楽しくなると思います。

まとめ

電子タバコはケース無しですと、故障の原因になったりします。
電子タバコライフをより楽しむために、是非、自分にあったお気に入りのケースを見つけましょう。
その日の予定や気分に合わせて複数持っておくのも良いと思います。

かっこいいケースは次のサイトで購入するのがオススメです。

JPvapor

→カラビナタイプの種類がかなり豊富です。リキッドケースも購入可

THE Frienbr SHOP

→ベロアのスリーブケースとシンプルなハードケースが買えます。

<関連URL>
絶対に最初に買わないほうがいいリキッドワーストランキング
おすすめリキッドブランドランキング
プレゼントにオススメの電子タバコランキング