Frienbr(フレンバー)バッテリー

バッテリーとは?

電子タバコのバッテリーとはその名の通り電源のことです。
アトマイザーのリキッドを気化させるために必要なパーツで、バッテリーがないと電子タバコは使用できません。
また、バッテリーは電子タバコのパースの中で最も高いものなので、買う時に最も注意すべきです。

バッテリーもいろんな種類が販売されていますので、どんなバッテリーがいいかわかりづらいと思います。
そこで、バッテリーを選ぶ時の2つのポイントを紹介します。

バッテリーの容量

バッテリーは電子タバコを使用できる時間を左右します。
少ない容量のモノだと1時間程度しか使えないものもあるみたいですが、大容量のモノだと数日間は充電なしでも使えます。
電子タバコを買ったけど1日中使用できずに途中でに充電が切れてしまうと充電しなければならないので、かなり不便です。

そこで、バッテリーの容量は一日中使用できることが条件になります。
私は1,100Ahのバッテリーを使用していますが、2日は充電しなくても使用することが出来ます。
1,100Ahなら、特にサイズ感も大きすぎないので、荷物もさほどかさばりません。

また、バッテリーは携帯と同じでバッテリーは使用すればするほどもちが悪くなるので、大きめの容量を買っておくのがいいと思います。

デザイン

2つ目のポイントはデザインです。
バッテリーは電子タバコのパーツで一番高いので、簡単に買い換えることが出来ません。
デザインが気に入らないと長続きしないので、最初にお気に入りのかっこいいデザインの電子タバコを選ぶ必要があります。

最初はシンプルなデザインを選ぶのが失敗しないポイントだと思います。
いきなりゴツイデザインを買ってしまうと後戻りできないので、飽きが来づらいのがオススメです。

シンプルな電子タバコならフレンバーがオススメです。
私はマッドな質感のホワイトを使用しています。

まとめ

バッテリーを選ぶときのポイントは、「1日中使える容量」と「シンプルなデザイン」の2つです。

この2点さえ抑えておけば、ストレスなく電子タバコを楽しめると思います。
バッテリーは他のパーツと比べて高いパーツなので、失敗しないようによく考えてから買いましょう。