JPvapor E-liquid

電子タバコのリキッドというもの

電子タバコを楽しむにはリキッドが必要です。
電子タバコは煙を楽しむものですが、その煙の元がリキッドです。
つまり言い換えれば、電子タバコはリキッドを楽しむものということですね。

リキッドは電子タバコの過熱部で蒸発させ気化することで、水蒸気となります。
この水蒸気を吸い込むことによって電子タバコは味わうことができます。

リキッドはさまざまな種類があります。一般的にはメンソールなどの清涼感の高いもの、甘みが強いフルーツなどの風味、コーヒーなどのドリンク風味、そして普通のたばこに近いものです。

電子タバコはたばこの代替品として用いられることが多いですが、中でもニコチンが入っているものになるとたばこと変わらず依存性が高いものになってしまうので、そういったものは電子タバコの趣旨に外れるものかとおもいます。

確かにニコチン入りのリキッドは人気もありますが、特に日本ではニコチン入りのリキッドは薬事法により国内販売が禁止されています。

海外から個人輸入などで手に入れることはできるため、どうしてもニコチン入りのリキッドを使いたい人は取り寄せているのでしょうが、日本の安全基準に沿って作られたものではない電子タバコは信用性において欠ける面があります。

輸入代行なども手軽ではありますが、信用のできない粗悪なリキッドは、普通のたばこよりも害が大きく、健康においての被害も甚大なことがあります。

そうした危ないものを扱うよりはやはり、国内の安全基準に沿ったものを選ぶべきでしょう。

様々フレーバー

上でも多少述べましたが、電子タバコのフレーバーには様々な味があります。

味覚は甘いのが苦手な人やミント系の抜ける感じが苦手な人など様々かと思います。

たばこ自体もメンソール系やタールが強いものなど、好みによって様々かと思いますが、同様に電子タバコも選択肢が多くあります。

先にメンソールなどの清涼感の高いもの、甘みが強いフルーツなどの風味、コーヒーなどのドリンク風味、そして普通のたばこに近いものなどを例として挙げました。

しかし、たばこより電子タバコは更に受け口が広いです。

面白いところでは栄養ドリンク味などもあります。

こうしたドリンクを模した味などはリキッドを気化させて味わう電子タバコならではと言えるでしょう。

匂いがしみつかない

たばこの嫌なところとして挙げられるのが匂いかと思いますが、電子タバコの水蒸気はたばこの煙と違って、たばこ特有の嫌な匂いがしみつきません。

また、リキッド自体も香料を用いて、香りのアイテムの一環として用いることもできます。

そのため、香水をつけてのおしゃれもできます。

リキッドの交換自体もそう手間なことではないので、人によっては、複数種類のリキッドを用意しておいて、気分に合わせて使い分けをする人もいるようですよ。

そうした状況に合わせて使うアイテムとしても、電子タバコのリキッドは需要があります。

まとめ

いかかでしたでしょうか。

結局何が良いのかわかりづらいかも知れませんが、
結論をまとめると、基本的には味と香りの2つを自分の好みに照らし合わせて選ぶのがいいと思います。

他にもお役に立てる記事がありますので、参考にしていただければと思います。
JPvapor(JPベポ)の評判
かっこいい電子タバコランキング
初心者でも失敗しない最初のリキッドの選び方
レッドブル味のリキッドの評判は?